新築住宅、注文住宅をお考えなら
イシンホーム大阪まで

住宅業界の「悪しき文化」を一掃し、
日本中の住宅会社が目指す「お手本」になります!

 

こんにちは、イシンホーム大阪代表の瀬山です。
イシンホーム大阪のホームページにアクセスいただき、ありがとうございます。

私たちイシンホーム大阪は『住宅業界のおてほん』の完全実践を目指す住宅会社として、大阪・京都・奈良・兵庫を中心に、家づくり事業を展開しています。

住宅業界の「悪しき文化」とは、契約に有利になる情報は伝え、契約に不利になる情報(契約後のリスク)はなるべく伝えないという文化です。
どの業界でも多少あることだとは思いますが、住宅は買い替えがきかないので、よりシビアに契約後のリスクを伝えるべきですし、そもそも、住宅会社の責任で契約後のリスクを回避するべきです。

『住宅業界のおてほん』には、契約後のリスクとともに、そのリスクを回避する方法が紹介されています。
日本中の住宅会社が『住宅業界のおてほん』を実践してくれることを期待するとともに、家を建てるみなさん自身が、これから出会う住宅会社に、『住宅業界のおてほん』の実践を求め、良い文化づくりに一役買ってくれることを期待しています。

イシンホーム大阪 代表 瀬山彰

イシンホームの家づくりコンセプト

私たちイシンホーム大阪は、お約束します。

イシンホーム大阪
7つの約束

建築のプロに選ばれる
家をご提案します。

イシンホーム大阪のお客様のうち、3人に1人が建築業界で働くプロの方々です。本物を知る建築のプロに選ばれる家とは何なのか?私たちも含め、建築業界の関係者が、「自分の家を建てるなら迷わず選ぶ家」をご提案します。お客様の家も、自分の家のように、大切に大切に、心をこめて。

契約後追加費用0円を
本気で目指します。

契約した金額で家が完成する、こんな当たり前のことが住宅業界では当たり前ではありません。一般的に、契約後追加費用の平均は200~300万円と言われます。私たちは、契約後追加費用0円を目指します。日本一充実した標準装備をご提案します。

諸費用を全てオープンにし、資金計画を行います。

土地や家の価格以外にも、多くのお金がかかりますが、この諸費用を細かくシミュレーションしてくれる住宅会社は多くありません。私たちは、登記費用や火災保険費用、さらには地鎮祭の玉串料まで、細かくシミュレーションを行い、事前にお客様にご説明いたします。

「コストパフォーマンス」
日本一を目指します。

「こんな性能レベルの高い建材が標準装備で、こんなすばらしい職人がいて、本当にこの価格で大丈夫?」と言っていただけるようにします。良い建材や優れた職人に支払う「良い家を建てるための費用」は削減せず、広告費や営業人件費などの「住宅会社が家を売るための費用」を徹底的に削減し、広告ではなく、紹介・口コミでイシンホーム大阪を拡げていきます。

「工事中の安心感」
日本一を目指します。

毎日、職人からお客様へ動画報告を行い、現場に行かなくても、現場の情報が逐一分かるようにします。お客様と職人のコミュニケーションを大切にし、工事現場に遊びに来てもらいやすい環境を作ります。家をつくる職人とのふれあいも、大切な思い出になるはずです。

「入居後の快適さ」
日本一を目指します。

目に見えない、空気環境・温熱環境・湿度環境、にこそプロのこだわりを。結露が少なく、冬暖かく夏涼しく、花粉症が楽になり、アレルゲンを減らし、冷え性も楽になり、掃除も楽になり、光熱費が安く、家族の会話が増える。そんな家だけを、お客様にご提案します。

何事も、デメリットは
しっかりと伝えます。

何事も、デメリットもお伝えし、お客様に選択をしていただきます。例えば、イシンホーム大阪のデメリットは、「関西での知名度が低い」「自社分譲地を多く持っていない」「標準メーカー(YKK AP、TOTO、TOCLAS、WOODONE等)以外から選ぶと割高になる」などが上げられます。デメリットのない選択など存在しないと考えています。

Page Top