標準装備

気密測定 C値0.7以下

img007-e1553229679991

気密測定 C値0.7以下

これも標準!

気密測定とは、家の隙間の大きさを知るための測定です。建築メーカーがよく使うC値を測る為の測定です。C値概要は床面積(㎡)あたりの隙間(cm2)の数値です。延床面積100㎡の場合、C値1.0→隙間100cm2となります。日本の基準は寒冷地で2、その他の地域で5となります。これは世界基準で考えると非常に隙間が多い家という数値となります。※カナダ0.9・スウェーデン0.6~0.7基準。

イシンホーム大阪では世界基準に合わせ0.6以下を基準にしております。

ページトップへ