標準サービス

資金計画
コストダウン家計簿諸費用の詳細説明
お家つくりはご予算ありきです。イシンホームが頂く建築費用以外の諸費用(登記費用、ローン諸費用、造成費用、火災保険費用)も含め、本当にかかるお金を明朗会計にして、資金計画をさせて頂きます。この建築費以外の諸費用を、明確に資金計画には入れずに、商談を進めてしまうメーカーや担当者が多く存在します。なぜか?それは、見積りが高く見えてしまい家を買ってくれなくなるからです。 諸費用の中には、場合によって想定を大きく上回る費用までが発生する場合もあります。なので、全ての諸費用までも網羅した資金計画が必要になってきます。本当に必要な費用を明確にしなければ、いくら自己資金でまかなうのか、いくら借り入れすれば良いのかが分かりません。結果、想定外の自己資金の支払いや、別ローンでの借り入れが必要になってしまいます。 資金計画は細かければ細かいほど良いとイシンホームは考えます。一般的なメーカーが告知しない項目(地鎮祭など)までも網羅して、資金計画をまずはご提案させて頂きます。全ての費用を盛り込んだ資金計画でなければ、住まわれた後の実際の家計の計画も変わってしまうとと考えております。住んだあとを視野に入れるのなら、まずは正確な資金計画からが重要。
標準装備充実と契約前のヒアリングを徹底追加費用0円を目指す見積提示
イシンホームは追加費用0円を目指します。契約後、オプションで200~300万円追加が一般メーカーでは、当たり前となっていますが、前項の通り、それでは正確な資金計画もできません。ですので、イシンホームでは、他の施主様のお宅に見学に行ったり、完成見学会に頻繁に足を運んで頂き標準設備をご確認頂きます。その上で、入念なヒアリングを行い、実際にしたい設備や、グレードなどを把握します。もちろんショウルームにも足を先に運んでいただき、やりたいことを全てお聞きした上で、資金計画させて頂きます。設備によっては、大幅に追加費用が発生するものもあるため、契約後にしてしまうと予想外の資金計画の変更となってしまい、思わぬ支払いが発生してしまいます。イシンホームはこれを良しとせず、後からのローン借り入れ増額などもオススメは致しません。契約前にほとんどの出費を盛り込み、追加費用0円を実現します。
キャッシュフロー計画表現金支出タイミングの詳細説明
いつ現金が必要なのか、現金支払いが突然ないように、支払いスケジュールを事前にお作り致します。施主様が支払うお金は仲介手数料、上下水道負担金、上下水道工事費、所有者移転登記、固定資産税精算金、エクステリア予算、表題・保存登記、地鎮祭費、確認申請費、ローン手数料、火災保険料、つなぎ融資手数料など多くの項目があります。しかも、それらのいくつかには、現金にてローン実行よりも、先に支払う必要があるものがあります。いきなり現金が必要だといわれても対応できない方がほとんどです。あらかじめ、現金払いのタイミングが分かっていれば、計画的にご準備を頂けます。ローンの組み方によっても、この現金支払いのタイミングは変わってくるので、イシンホームでは契約時のみならず、契約前の段階からいろんなスケジュールを提案し、その方に最適な方法を選んでいただきます。
ローンコンサルティング最適な住宅ローン提案
提携・非提携に囚われず、施主様に一番合った、最適なローン会社をご提案いたします。イシンホームでは、お客様の職種、資産状況、希望資金計画などを鑑みて、各金融機関の特性と照らし合わせて、お客様に最適な金融機関をご提案させて頂きます。窓口による手数料の差、職種属性による金利増減、団体信用生命保険の内容など、さまざまな要素がローンにもあります。また、過去の金融事故(クレジットカード返済遅れ、携帯電話料金未納、民事再生など)があった場合でも、しっかりとカウンセリングした上で、対策をとり、手当たり次第に事前審査を出し、個人信用情報をキズつけるようなことは致しません。
土地
土地無し、土地有土地関連コンシェルジュ
お家を建てるための土地というのは、さまざまな見えない予算項目があります。ぱっと見はきれいな更地であっても、以前、お家が建っていた土地であっても、新築するとなると、さまざまな費用が発生してきます。道路や隣地との高低差処理費用、水道管などの太さを替える上下水道工事費用、既存の建物を壊す解体費用など、その土地の状況によってその要素は増減します。その中には何百万円単位で変わってしまうものもあるので、注意が必要です。また、費用だけでなく、各地域によって建築規制が異なり、屋根の形、家の大きさ、家の配置、外観の色などの指定がある場合があります。ですので、事前に掛かる費用や、規制をしっかりと調査し、見積を出し、思っているようなお家が予算内で建てられるのかというシミュレーションが必要です。イシンホームでは、土地から探されるお客様、建替えのお客様問わず、こういった調査を入念に行い、土地購入の検索・アドバイスや、新築のアドバイスを行います また、土地契約の際の交渉や、契約書の内容や、特約などのチェックも行い、お客様が不利な契約になっていないかなどもアドバイス致します。
営業スタイル
家づくり総合コンサルティング
本当に今家を建てるべきなのか?新築なのか?イシンホームが最適なのか?まずは、お客様のスタートラインに立ち返ったところからのカウンセリングをさせて頂きます。 ご来場頂くお客様の中には、リフォームで事足りるお客様も大勢おられます。一般的なハウスメーカーであれば、リフォームでお客様が満足をされるところを、建替えを薦めるところがほとんどです。イシンホームでは、新築が実際に必要なのかどうか、新築にする正当な理由があるのかどうかを、しっかりと聞き取ることから始めます。なぜなら、必要でなかった新築一軒家は、イシンホームの評判を下げてしまうからです。必要でないものであれば、どんなに良いお家であっても、お客様には無駄です。それではご紹介や好評判は生みません。我々はイシンホームに相談して良かったと言ってもらうことが第一目標です。立地と年収のバランスや、ご家族構成、習い事など、さまざまな項目を聞き取り、今建てるべきなのか?を真剣に考えます。膝と膝を突き合わせるお家作りは、そんなところから既に始まっています。
訪問営業・電話営業の禁止
建築メーカーにありがちな、度重なるご連絡や、突然のご訪問による勧誘などは一切行いません。あくまでも、お客様主導での建築を進めさせて頂きます。一度、ご来場頂くと、週に一回の訪問、三日に一回の電話お伺いが始まるのがこの住宅業界の常です。最初は、警戒しているお客様でも、足しげく通われると少し話をきいてみようかななどと、断りにくくなってしまうものです。情に訴えかける。そんな古典的営業手法がまだまだこの住宅業界には根強く残っています。大手ハウスメーカーが手土産を片手に訪問してくるというのはドラマの中の話だけではありません。良い家は、訪問住宅せずとも、ご購入頂けます。さらには適正な利益率で販売している会社や、売れているお家なのであれば、訪問営業をしている余裕などないと考えます。 イシンホームは、お客様のタイミングと主導を大切にし、利益に囚われないお家作りを大切にしておりますので、必要の無いご訪問は一切致しません。
合理性のない値引きの禁止
キャンペーンや、期限を区切っての大幅な値引きや、競合の際の値引き合戦など、最初にご提示させて頂いた金額が虚偽であったかのような法外な値引きは致しません。 キャンペーン期間のご制約で○○○万円値引きします。○○をプレゼントしますなど、多くのお客様が耳にする、体験されることだと思いますが、それが本当に得なのか、妥当なのかをしっかりと見極めることが必要です。100万円値引きする前提で、高い見積を最初にご提示しているとしたら?後々の追加費用で補填を考えられていたら?そう考えたことはありませんか?注文住宅は、完成されていないものを購入します。ということは、いくらでご契約後に調整ができてしまうことをご理解下さい。ですので、施主様側に何もご負担がないキャンペーンは慎重になる必要があります。ですので、イシンホームでは、適正利益率を厳守していることから、お客様が得なキャンペーンはありません。完成見学会を開催させてもらう。イベント参加してもらうなどの交換条件です。それでも、法外な割引はできませんので、あしからずです。キャンペーンなしでも買って頂けるお家に誇りを持っております。
完成見学会後工程メンバーのご紹介
イシンホームでは、契約後に関わる人物・業者がどんな人柄なのかまでも重視致します。各月で開催している完成見学会は営業主導ではなく、家作りに関連する職人や、業者、現場監督、アフター管理担当者など、本来は裏方の人たちが、ご来場者をお迎え致します。ここに来ていただければ、自分がお家を建てる際は、どんな人柄、どんな業種の人が関わるのかご安心頂けます。自分のお家を作る人を、知らないよりは知っている方が良いと思われるのは、100人中100人ではないでしょうか?しかし、そういった裏方の人たちは本来、メーカー側からすると繋がらせたくない、見せたくない人たちです。なぜか、営業がお伝えすることと現場が乖離していることが多々あるからです。余計なことは言われたくないこの一点に尽きます。イシンホームは、営業と現場が乖離しないように、月に一回繁栄会という研修会を行い、営業と職人の意思疎通や情報共有などを頻繁に行っています。むしろ、完成見学会でぜひともイシンホームの優秀な職人さんたちに触れていただきたいです。
IGOC実際に住んでいるお宅訪問の推奨
ご契約前に、すでにお住まいの施主様宅へのご訪問見学を実施させて頂けます。年間を通しての住み心地、なぜイシンホームで建てられたのか、生の声をお聞き頂けます。イシンホームでは、建てたいという判断材料の提供に余念はありません。一番の判断材料は、住んでいる方の話を聞くことだと思っております。よくある営業マンが付き添って、営業マンが説明するではありません。お施主様とお客様が、先輩後輩のようにお話頂きます。お家を建てられる方々は、少なからず似たような流れを経て、建築に至ります。そして、その中で芽生える悩みや迷いもまた十人十色のようでありますが、実は似通っています。であれば、同じように悩んでいた方に話を聞いてもらうのが一番の参考になるのではないでしょうか。土地の決定理由から、トイレの位置や、タオル掛けの位置まで、隅から隅まで悩みをご相談下さい。そして、一軒といわず何件でも見学に行きましょう。イシンホームのお施主様は、皆様が見学ウェルカムです。自分がさせてもらってすごく助かった!という方がほとんどで、自分も同じ悩みの方を助けてあげたい!と快諾して下さいます。良かったことも悪かったことも包み隠さず話してくれるので、ぜひとも判断材料の一つにしてください。
仮契約の禁止間取り確定後の契約実施
イシンホームでは、仮契約を禁止しております。坪単価の確保、キャンペーンの枠取りと銘打っての仮契約等は一切致しません。原則として、土地、間取り、価格が決定してからのご契約を徹底させて頂いております。間取りによって、予算計画は変動していきます。ですので、間取りが決定せぬままの契約は、確実に追加費用がでると考えます。前項でも述べている通り、イシンホームでは、思わぬ追加費用が出ることを良しとしておりません。「細かいプランは契約後に作ります。まずは仮契約を」という流れは、絶対にあってはならないと考えます。この手法を実施しているメーカーは残念ながら存在しておりますが、イシンホームでは絶対に行いません。
契約後・工事中
4者共有シート営業から設計への情報共有
世間一般では、契約後のストレスの一つに、営業に言ったことが、設計士に伝わっていないということがあげられることがあります。一生懸命、営業に伝えたことをまた説明しないといけない、営業はお金は要らないといっていたのに、設計士からは追加になると言われた。などがあげられますが、イシンホームではそうならない為に、営業・設計士・現場監督・工事部長を交え、幾重にも掛かれた、お客様情報シートを使い情報共有ミーティングを必ず行います。要望のプランやオプションはもちろんですが、お客様との建築ストーリーや、人となり、お子様の好きな食べ物までも共有致します。
2者、着工前チェック。図面完成前の着工禁止。CSの協力。設計から現場監督への情報共有
前項と同じく、設計士と現場監督の間でも入念な情報共有を行います。現場監督は各職人へ指示を出すので、徹底して情報の吸い上げを行います。また、よくミスが発生するパターンとしては、引渡しのスケジュールを詰めすぎることによって、図面が完成する前に先走った施工を行ってしまし発生することが多くあります。こんなことが無いように、入念なスケジュール設定と、図面完成後の着工を徹底しております。また、CSごとで、お客様のご協力の下、しっかりと追加項目の出し切りや決定を行えることが、ミスの低減にも繋がっています。
近隣挨拶、地鎮祭、上棟式、引渡時のセレモニー。工事中イベントのサポート
ほとんどのお客様が家を建てることがはじめてですので、地鎮祭や近隣挨拶の勝手がわかりません。イシンホームでは、神社の手配や挨拶の粗品の準備まで全て手配させて頂きます。特に近隣挨拶はお引渡し後にも影響する重要なことなので、節目ごとに念入りに行います。近隣挨拶の際や、工事中には近隣の清掃や美化にも勤めるように心がけております。 また、一生に一回の思い出つくりに、イベントを行い、彩りを添えさせて頂きます。地鎮祭だけでなく、上棟式やお引渡し式も実施し、それぞれ営業だけでなく職人も総出で祝福させて頂きます。特に上棟式では、お子様も喜ばれる丸秘イベントなどもおこないますので、ぜひとも楽しみにしておいてください。
歓迎。いつでも、現場職人が案内できるようになっている。工事中に気軽に現場見学できる環境作り
イシンホームの建築現場はいつでも見学ウェルカムです。住宅メーカーによっては建築中の現場の見学はたとえ施主様であろうとも禁止しているところが多いです。イシンホームでは、安全性を確保しつつの見学はぜひとも行ってください。職人教育、現場美化の行き届いた自慢の建築現場をご覧下さい。見学の際には、職人が、各部や現在の施工の説明や、案内も行ってくれます。時には、お子様の吹きつけ体験などもあったりと、楽しさ満載です。
LINE動画丁寧でマメな現場報告実施
イシンホームが考える良い職人・メーカーの定義の一つに、報告頻度の高さがあります。イシンホームでは、自慢の現場や施工を毎日複数回、ライン動画で行っております。施工前、施工後、流れの説明、撤収現場の美化状態などさまざまです。各職人が、自分たちの仕事に一転の曇りも無く、自信をもっているからこそ成せることだと考えております。これが出来ないということは、裏を返せば、自信がないと我々は考えております。
職人品質
繫栄会、勉強会、気密測定職人の技術・能力向上の取り組み
イシンホームでは、職人の技術力アップ、水準向上のために、毎月の勉強会や研修を実施しており、下請け、孫受け問わず、参加されない業者は現場に入れないという仕組みを作っております。また、技術水準の数値化の一環として、全邸の気密測定検査を実施しております。一般住宅メーカーが許可する気密数値をはるかに下回る数値がイシンホームの基準になっており、気密にかんする職人(大工、電気工事、基礎業者、断熱業者)の技術向上は他の追随を許しません。そういった技術向上を伴う基準数値をつくり、イシンホームは常に職人品質の向上を実施しております。
完成見学会での職人案内職人のマナー・接客能力向上の取り組み
もう、「職人さんてコワイ、なんて言わせない」職人さんこそ一番の家作りパートナーです。だからこそ、職人さんにもお客様と楽しくお話できるように対応所作を学んで頂きます。完成見学会には、必ずご参加頂き、契約前後問わず、色々なお客様とお話頂いております。
イベント企画(忘年会、ゴルフコンペ、BBQ、旅行など)職人同士のコミュニケーション向上の取り組み
福利厚生が整っている
入居準備・入居後
銀行とのやりとり、司法書士とのやりとりの代理サポートローン・登記手続きのサポート
住宅購入に切っても切れない、住宅ローンですが、ほとんどの方が初めての経験です。どこにどんな書類をいつ渡すのか、どこで入手できるのか、書き方は合っているのか?こういった煩わしい作業が盛りだくさんです。また、金融機関は基本的に平日の日中しか動いて盛りませんので、通常休日のお客様はなかなか対応が大変です。イシンホームでは、すべての手配や取得を代行費用等は頂くことなく、承ります。銀行との打ち合わせの場所の調整から、必要資料の取得まで、全てお任ください。もちろん、必要な司法書士や家屋調査士などの手配も行います。
報酬の適正交渉司法書士報酬の価格適正化サポート
家を建てられる際には、司法書士が行う、土地所有者移転登記、建物表題登記・保存登記、ローンの抵当権設定登記など、各種の登記費用が必要になります。 通常登記費用は、報酬額と税金に分かれており、報酬額は司法書士が独自に決めることが出来、住宅メーカーのお抱えが決まっていることもしばしばあります。ですので、イシンホームでは、しっかりと報酬額の交渉を行い適正な相場価格で請け負っていただくようにしております。
火災保険費用の価格適正化サポート
イシンホームの家は、標準装備・施工で省令準耐火構造になっているので、火災保険料が通常の半分になり、さまざまな特典が付いてくることがあります。火災保険会社も各社さまざまなメリット等があり、多種多様に富んでおりますので、イシンホームでは色々な保険会社で見積をとって頂き、比較されることを推奨しております。もちろん、その手配等も行いますので、ご相談下さい
LINEアフター、大抽選会、見学会プレゼントなどアフター体制の充実
イシンホームはアフター管理が命と考えます。住んだ後こそが、ハウスメーカーの真価が問われると考えます。アフターフォローに速さに掛けては、随一と自負しており、LINE動画でのメンテナンス診断は、早期対応や迅速な問題解決に大きく貢献しています。問題が起きればお客様は動画を撮影して、LINEのアフターグループへ投稿することで、症状や状態を現場監督やアフター担当者が確認できます。すぐに施主様で解決できるのか、施工業者が必要なのかの判断が容易に出来ます。昔ながらの訪問対応は、コスト面でもスピード面でもデメリットの方が多いと感じています。必要な時に必要な訪問をすばやく実行する。これが最良のアフターフォローではないでしょうか。 また、入居後には、入居者対象の季節ごとの抽選会なども実施しており、常に皆様との繋がりが絶えない工夫をしております。既存のお施主様が完成見学会にご来場いただいた際には、プレゼントのご用意などもしており、住んでからの完成見学会も楽しんでいただけるよう心がけております。
ページトップへ