新築住宅、注文住宅をお考えなら
イシンホーム大阪まで

vol.27 結露、好きですか?

こんにちは、瀬山です。

 

先日100円ショップのアイデア商品が紹介されていました。

 

『結露取りワイパー』

ペットボトルの先に専用器具を取り付けて、スーッと結露をふき取る。

ペットボトルに水がたまっていく。

タレントが、「キャー!すごーい!」と大声を上げる。

ざっと言うとこんな内容でした。

 

結露

 

このブログを読んでいる人なら、オール樹脂サッシにすればいいのに、ね。

と思ったのではないでしょうか。賃貸や中古であれば、このグッズいいと思います。

でも、新築する人には、このグッズを使わないでいいようにしてほしいですね。

 

窓の結露のお掃除が好きな人はそうそういないですよね。

賃貸や中古であれば、難しい面もありますが、どうせ新築を建てるんだったら、

結露のない家がよくないですかね。せっかく新築するんだから。

 

100%は無理ですが、ほぼ結露のない家にすることはできます。

サッシをオール樹脂にすることです。外も内も樹脂です。

 

いきなり余談ですが、だまし言葉にはご注意を!ということで・・・

サッシは大きく3種類(①アルミ⇒②アルミ樹脂複合⇒③オール樹脂)あるのですが、

新築住宅で最も多く採用されているのが、アルミ樹脂複合サッシです。

オール樹脂が最も性能が高いことはもうお分かりだと思います。

 

さて、皆さんに質問です!

とある住宅チラシで、こんな言葉を見つけました。

 

『高断熱樹脂サッシ』

 

これ、

①アルミ

②アルミ樹脂複合

③オール樹脂

どれか分かりますか?

 

正解は

②アルミ樹脂複合

を指しているようです。つまり、よくあるサッシとういこと。

新築でよく使われる②アルミ樹脂複合サッシを

『高断熱樹脂サッシ』と呼ぶことで、高性能を演出しているのでしょうか。

住宅会社もよく考えたものです。

 

悪魔

 

とある窓メーカーの担当も言っていました。

「本当はオール樹脂サッシを薦めたいけど、アルミ樹脂複合サッシを買ってくださるお客様の手前、

オール樹脂の良さを強烈にアピールすることはできないんです」と。

 

そうそう、絶対にオール樹脂サッシにしろって言いたいわけではないんです。

 

『知ってはいたけど、予算の関係でできなかった。』

これはOKだと思います。何を選択するかは自由ですから。

ですが、

『知っていたら、絶対にした。』

これはかわいそうです。住宅会社の担当が悪いです。

でもそんな人がほとんどですよ。この世の中。かわいそうに。

 

ちなみに、関西エリアの新築住宅オール樹脂採用率は10%以下です。

つまり、オール樹脂は必須!と知るだけで、あなたは、10人に1人の逸材ですね。

逆に、90%以上の人が、結露との戦いを強いられているかもしれないと考えると、

とても残念です。

 

家は、お金のかけどころを間違わないことが大切です。

瀬山彰
2017/12/22

個別面談を開催します毎月第二日曜のみ
詳しくは家づくりせやま学校
Page Top